カードローンのQ&A

ブラックリストとは何ですか?

ブラックリストとは俗称で、実際にはこのようなリストがあるのではなくて、信用情報機関に記録されている事故情報を指します。金融機関からお金を借りて返さなかったり、あるいは何ヶ月か滞納したりすると、金融機関はこれを事故情報として信用情報機関に登録をします。この情報は信用情報機関に一定期間保存されます。情報の種類によっても異なりますし、信用情報機関によっても異なるのですが、長ければ10年くらいになります。

 

この情報は審査に用いられます。借入の申込をしようと思ったときには、金融機関はきちんと返すことができる人なのかどうかを審査します。その調査の一環として信用情報機関に情報提供を求めます。そして、事故情報が登録されていれば、不適格として審査には通しません。

 

信用情報機関は日本にいくつかあって、日本の金融機関の多くがこの情報を参考にして審査を行います。ですから、借りることができなくなるのは一つの金融機関ではなくて、日本のあらゆる金融機関だと考えておきましょう。また、信販会社などで分割払いを組むときや、あるいはクレジットカードを申し込んだときにも同じように調査が行われますから、これらのサービスを利用する事もできなくなります。

 

 

悩む男性